検査方法は様々|患者が増加している自律神経失調症は発症原因に合わせた治療を

患者が増加している自律神経失調症は発症原因に合わせた治療を

医者

検査方法は様々

看護師

食道がんは食道の部分に発症するがんのことです。食道は喉と胃をつなぐ通り道です。食べたものが胃に落ちやすいように内側は粘膜で覆われています。この粘膜で発症するのが食道がんであり、もともとは欧米によく見られるがんでした。しかしながら、近年は食生活の欧米化によって日本でもその発症数が増加傾向にあります。食道がんになる人の年齢層を調べてみると、40歳以上から増加し始めます。これは性別関係ありません。食道がんが起こる原因としては喫煙や飲酒が挙げられます。実際にこれら2つによって発症リスクが高くなることが各国の研究者から報告されています。くれぐれも過剰な喫煙とアルコール飲料の過剰飲酒には注意をしましょう。

食道がんの疑いがあると食道造影検査と内視鏡検査の2つを行うことが一般的です。食道がんが周りに拡大していないかを確かめるにはCTやMRIが行われることもしばしばあります。そうして発見された場合には、標準治療は外科手術になります。食道を部分的に切除するというわけです。あるいは、放射線療法と抗がん剤治療も組み合わせて行われる場合もあります。抗がん剤はがん細胞を破壊してくれるので増殖を抑制することができます。局所的な効果ではなく全身に対する効果があります。食道がんの進行を表すのはステージと呼ばれるものです。ステージ3までであれば生存率も高く外科による手術で完治させることも不可能ではなく、むしろ成功する可能性は高いです。