体に優しい治療方法|患者が増加している自律神経失調症は発症原因に合わせた治療を

患者が増加している自律神経失調症は発症原因に合わせた治療を

医者

体に優しい治療方法

医者

異常細胞を除去

がんは、異常細胞が増殖することで悪化していくので、がんの治療は体から異常細胞を除去するという方法でおこなわれます。そして除去は主に、手術や抗がん剤の投与、放射線の照射によっておこなわれています。手術の場合は、体から物理的に異常細胞を除去できますし、抗がん剤や放射線の場合は、異常細胞を弱らせることができるのです。そして昨今では、これら以外に免疫療法と呼ばれる治療もおこなわれるようになっています。免疫療法とは、体内の免疫細胞を増やしたり強化したりする治療です。免疫細胞は、体の中の異質なものを撃退するために働いているので、これが増えたり活発になったりすれば、それだけ異常細胞が多く排除されていくことになるのです。

患者の血液から培養

免疫細胞は、血液中の単球から生み出されるので、免疫療法ではまずは患者からの血液の採取がおこなわれます。そして採取した血液から単球を取り出し、それを培養によって増やしながら、多くの免疫細胞を作り出していくのです。さらにその過程で、異常細胞を溶かすことで出てきた抗原が注入されることもあります。これにより、その抗原に特に強く反応する免疫細胞が誕生することになります。これを患者に注入すると、患者の体内では異常細胞が次々に撃退されていくようになります。正常な細胞は、もちろん免疫細胞の標的とはならないので、体がダメージを受けることはありません。つまり免疫療法は、副作用の心配の少ない、体に優しい治療方法と言えるのです。