患者が増加している自律神経失調症は発症原因に合わせた治療を

看護師

検査方法は様々

看護師

食道がんは食道の内側の粘膜に発症するがんのことであり、40歳以上になると発症率が増加傾向にあります。原因は飲酒と喫煙です。標準的な治療方法は外科手術ですが、他にも抗がん剤や放射線療法が適用されることがあります。

詳細を読む

検査で異常がみつからない

男の人

つらい症状と原因

自律神経失調症という病気は、不定愁訴があって検査をしても異常がみつからない場合に診断されることが多いです。以前は内科で検査をしても悪いところがみつからない場合、「どこも悪くありません」という診断になっていました。また診察しても原因が分からずに判断が難しい患者さんに、自律神経失調症という病名をつけていました。近年ではストレスにより自律神経失調症の患者さんも増加して、神経内科や心療内科で自律神経失調症の検査や診断が出来るようになっています。それでも、自律神経の乱れが原因というのは分かっても、そのメカニズムの解明は難しいといわれています。検査には自律神経機能検査というものがあり、自律神経が正常に働いているか検査します。

治療と改善方法

自律神経失調症になってしうと、ひとつの症状が治ると別の場所に症状が出たりと、つらい症状が続く場合があります。自律神経失調症になる原因は、ストレスだと言われています。日常的に緊張した状態が続いて交感神経が働き続けていると、バランスがくずれてしまいます。治療法として、薬物療法をする場合は、症状にあわせた薬を使います。睡眠障害がある場合は、睡眠導入剤という処方です。カウンセリングなどの心理療法もあります。原因となっている心理的なものを解決できるように導きます。それ以外にも、体のゆがみによって自律神経のバランスがくずれていることもありますので、整体療法により骨盤などのゆがみを治すことで体の症状もよくなる場合があります。

病院での様々な取り組み 

カウンセリング

大阪市でもっとも人口密度が高いのが城東区です。そんな城東区民の健康を担っているのが内科医院です。内科医院では、風邪や発熱、腹痛などよくみられる症状から生活習慣病のケアなどに取り組んでいます。地域密着系なので気軽に利用できます。

詳細を読む

体に優しい治療方法

医者

がんの治療は、手術や抗がん剤、放射線などで体から異常細胞を除去するという方法でおこなわれます。そして昨今では、患者の血液から免疫細胞を培養するという、免疫療法もおこなわれています。培養した免疫細胞を患者に注入すれば、正常な細胞にダメージを与えることなく、異常細胞を排除していくことができるのです。

詳細を読む